三宅 翔史さん ・ 由加さん

会場 ヌーヴェル ヴァーグ
挙式スタイル 人前式
テーマ アットホーム
テーマカラー ワイン ・ ブラウン




お二人へのインタビュー

Q1:会場を決めたポイントは?
A:ヌーヴェルヴァーグさんでウエディングができるということを知らない時に、ディナーを食べに行ったことがあり、雰囲気の良さとお料理を気に入りました。その後、ティアラさんへ相談に行きヌーヴェルバーグさんを紹介してもらい、そこで決めました。

Q2:準備中で大変だったこと、苦労したことは?
A:お互い岡山と東京の遠距離だった為、休みも違いなかなか連絡がうまく取れなかったことや、一人で決めることにたくさん不安がありましたが、周りの家族や友人のサポートもあり、乗りきることができました。

Q3:結婚式で特に思い出に残ったシーンは?
A:余興での新婦の姪によるピアノ演奏と、新郎の三兄弟による歌とギターの演奏です。親族のみの披露宴だったので、盛り上がらないかなと思っていましたが、思いのほか感動しました。楽しい余興になり、とても印象に残っています。

Q4:これから結婚するカップルへアドバイスをお願い   します。
A:いろんなことで口論になったり、お互いの思い違いがありますが、面倒がらず一つ一つ話合って決めていってください。必ずいい結果が待っています!

Q5:担当プロデューサーに一言お願いします。
A:後藤さんには無茶な宿題や変なばかり言って、困らせてばかりだったと思います。でも、そんな私たちの無茶ブリに「頑張ります!」「わかりました!」と応えてくれて頼りになりました。後藤さんに担当していただいて心から良かったと思います。 本当にありがとうございました。

プロデューサーより


2ヶ月半という短い準備期間に加えて、岡山と東京都の遠距離だったおふたり。きっと不安な点もたくさんあったと思います。最初の打合せの時から、ご家族やご親族への感謝の気持ちを伝えたいとおっしゃっていましたね。その気持ちは当日のサプライズや、アットホームな演出できっと伝わったはずです。私が一番印象に残っているのは、おふたりの退場シーン。司会者からゲストへ「中央までお集まりいただき、拍手でお見送りください」と案内を入れました。しかし、ゲスト全員が自らアーチを作ってくださいましたね。おふたりがゲストのことを大切に思っているように、ゲストもおふたりのことを本当に大切に思ってくださっていることが伝わるシーンでした。
本当におめでとうございました。 末永くお幸せに。



CLOSE